何かとサバイバル。

洋画と海外ドラマ B級グルメがすき。

海外ドラマ≫≫ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏  7話ネタバレ感想

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏 DVDセット(5枚組)

EPISODE 7 贈り物 The Gift

あらすじ

 奴隷として買われ闘技会に出ることになったジョラーは、闘技場にデナーリスが来ていることに気づき、他の闘士たちを圧倒。謀反者との再会に気分を害したデナーリスの前に、“贈り物”としてティリオンが差し出される。リトルフィンガーは、ともにジョフリーを殺害した盟友オレナへの“贈り物”として、かつてサーセイと関係を持ったランセルをハイ・スパローの元へ送り、秘密を暴露する用意があることを告げる。     

ネタバレ感想

 野人を仲間に引き入れようと説得に行くジョン達がカースル・ブラックを出発します。

ジョンが“総帥殿”と呼ばれているのはまだ違和感があって笑えます。

サムから餞別としてホワイト・ウォーカーを倒した時のドラゴングラスを受け取りました。恐怖がリアルになってくる瞬間ですね。

 

かなり衰弱してきているエイモンは横になったままジリの赤ん坊サムを触ります。

そして“手遅れになる前に南へ連れて行け”とジリに忠告しました。

 

ラムジーによって軟禁されて毎晩手酷く犯され痣だらけになったサンサは食事を運んで来たシオンに助けを求めます。

ラムジーを恐れるシオンを必死に説得して、壊れた塔の最上階にロウソクを置きに行ってくれと頼みました。

シオンは吹雪の中目的の塔まで…ではなくラムジーの部屋に直行します!なんという洗脳。なんという奴隷根性。

 

カースル・ブラックではついにエイモンがサムの手を握りうわ言を言いながら逝ってしまわれました。

弔辞を読んだサムに“お前の味方が皆消えるな”とこんな時にまで皮肉を言うアリザー。

 

ラムジーと話すサンサは目を盗んでコッソリと工具のようなものを隠し持ちます。

来るスタニス軍との戦いについて語り、いずれ父親の跡を継ぎ北部総督となると言うラムジーにもしルースの嫡男が生まれれば跡取りは彼になるんじゃないのかと横槍を入れますが、国王に正式にボルトン姓を貰ったんだ、と。その国王であるトメン・バラシオンも実際には落とし子よ、と小さな抵抗を見せるサンサ。

“落とし子であっても高い地位を得られるんだ、たとえば君の所に居たジョン・スノウだって落とし子として生まれながら今じゃナイツ・ウォッチの総帥だ”と聞かされサンサは初めてその事実を知ったようです。

何食わぬ顔で連れてこられた先にはサンサを支持していた世話役のお婆さんが身体に杭を打たれ晒されています。

サンサが逃げようとした事をシオンから聞いたラムジーは共謀者を聞き出そうと生きたまま皮を剥ぐ拷問を行ったそう。

自分のせいで酷過ぎる目に遭った老婆の遺体を見て声も出ないサンサ。

 

 

寒さと兵糧の枯渇で馬がどんどん死んでいっているスタニス軍。

ダヴォスは雪が止み次第カースル・ブラックへ戻るべきだと言いますが、一度王都から撤退した黒歴史のあるスタニスは更に恥を上塗りする事になると認めません。

それにカースル・ブラックへ戻ればそこで何年かかるかも分からない冬が終わるのを待つ事に繋がります。

メリサンドルは以前ジェンドリーの血でロブやジョフリーを呪い殺したように“陛下の血が流れる者”すなわち娘シリーンを生け贄に捧げろと言いますが娘を愛するスタニスがすんなり応じるはずもありません。

 

ジョンも旅立ち守ってくれたエイモンも死んでしまった黒の城では、ジリがナイツ・ウォッチのデレクとブラントにキスしてくれよ〜と絡まれています。

そこに入ってきたサムは剣を手にし向かっていきますがそもそも戦闘は苦手なサム、あっさり倒されめちゃくちゃに殴られてしまいます。

それでも二人がジリを襲おうとしていると立ち上がるサム。

そこへダイアウルフ、ゴーストが入ってきて二人を威嚇して助かりました…ジョンの置き土産ですね。危なかったぁ。

自分を助けるため必死になり倒れたサムの看病をするジリ。

深い愛情に気付いたジリはそっとサムに口付けそのままベッドを共にします。よかったね、サム。誓いは破ってしまったけども。

 

鎖に繋がれ名高い戦士として競売にかけられるジョラー。20アナーというよくわからん額で落札され連れて行かれるジョラーを見て思わず“俺たちはチームで俺は腕利きだから俺も買うべきです!”と縋りその証拠に鎖を持っていた男を引きずり倒しぶちのめして見せたティリオンもなんとか買ってもらえたようです。

デナーリスの統治下で表面上、奴隷制は禁止されているので二人に賃金としてたった1枚のコインを渡しました。

 

ヒズダール・ロラクとの結婚を決めたデナーリスですが未だにダーリオと寝ているみたいですね。

結婚を決めたデナーリスに嫉妬したダーリオは自分と結婚すればいいと言いますが“そうしたくてもできないわ”と言われ“この町で唯一自由じゃないな”と核心をついたような事を言っておりました。

 

孫娘と孫息子を捕らえられたオレナはハイ・スパローを訪ね、買収を試みますが富にも権力にも屈しない信仰を持つ者はコントロールできないよう。

どうにもならない状況でオレナは一通の手紙を受け取ります。

 

トメンはマージェリーを奪われハンストしているようですが、“彼女を愛してるのに何もできない!”と荒ぶった直後サーセイに“愛する者のため強くならないとね あなたの幸せが私の望みよあなたが思う以上にあなたを守るためなら何だってするわ世界に火をつけてもいいあなたとミアセラのためならね”と意味深な発言が…。

 

ドーンのドレスは軽やかで可愛らしいミアセラによく似合ってます。

ジェイミーとミアセラの面会が認められ、ドーンから脅迫がありここまで遥々助けに来たことを説明しますが、もはやミアセラにとってはここが家であり“母上の命令でここへ来たのにまた戻れなんて嫌よ!私はトリスタンを愛してるからここに残り結婚するわ”と拒絶されてしまいました。

 

サンド・スネイク達と向かいの牢に入れられているブロンは声高々にドーンの歌を歌っています。

捕まっていてもマイペースで動じないこういうところが良いですよね。

世界の美女の話になり何故かおっぱい丸出しにして誘惑を始めるショートカットのエラリアの娘。

先の戦闘でタイエニーに腕を斬り付けられていたブロンですが、だんだん意識が朦朧としてきます。

“短剣にアッシャイの特殊な毒を塗ったの 肌に触れれば待っているのは死よ”といい、唯一の解毒剤を見せて“世界で一番の美女は誰?”と改めて問います。“お前だ”という欲しかった答えを貰い解毒剤を投げてよこしたタイエニー。美しさに固執しているんでしょうか、ゲームオブスローンズ内では新しい形の女の怖さです。

 

荒らされた娼館に佇むリトルフィンガー。オレナに手紙を送ったのは彼でここに呼び出していたみたいです。

そういえばこの二人が共謀しジョフリーを暗殺したんでしたね。

オレナに詰め寄られ“サーセイに呼ばれ断らず戻ってきただけで自分は今回の件には関わっていません我々の利害は一致しています”と答えていますが…オリバーが証言に出てきた時点でリトルフィンガーが手回ししてますよねぇ…全方位に裏切りつつ媚びていく気ですよこいつは。

 

 

闘技場に出場する準備を整えるジョラーは、会場にデナーリスの姿を捉えます。しかし見るに耐えない残虐さに帰ろうとしたデナーリスを見ていてもたってもいられず鎧を被って顔を隠し会場へ強行突破し敵をなぎ倒していきます。

全ての敵を倒しデナーリスの前で鎧を取ったジョラー。

その姿を見て“追い払って”と言われてしまうも食い下がるジョラーの元に、ティリオンも出てきて“私はティリオン・ラニスターです”という自己紹介に絶句するデナーリス。この三人どうなるのか楽しみです。

 

ブラック・セル《暗黒房》に入れられボロボロのマージェリーを訪ね“私たちも手を尽くしているわ”と心配する素振りを見せますが“あなたの仕業でしょ あなたはすぐ嘘をつく皆知ってるわ 純真さも慎みも思いやりも一切持ち合わせてないのよ 二度と現れないで”と怒鳴るマージェリーに“じゃあね、妹よ”と言い放ったサーセイ。

これは完全に「なんと呼べばいい?」と馬鹿にされた仕返しですね…。ラニスターは借りを返す。

勝ち誇った表情で牢を後にしたサーセイはハイ・スパローに会いに来ました。

“神々の前では身分に関わらず誰でも嘘が暴かれ皆の前で本性がさらけ出される”とやけに強調するハイ・スパローに雲行きの怪しさを感じます。

“少し前、身も心も壊れた青年が私の元へ来ました 虚栄心も自尊心も罪も全て手放し心が軽くなった彼はあなたの話をしにきます”と言ったハイ・スパローの側にはランセルが…!

そして逃げ出そうとしたサーセイは捕らえられマージェリーと同じく牢に閉じ込められてしまいます!

 

ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐ー後編ー DVDセット

ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐ー後編ー コンプリート・ボックス

▼次回、エピソード8 

axxi.hatenablog.com

プライバシーポリシー