何かとサバイバル。

洋画と海外ドラマ B級グルメがすき。

劇場鑑賞≫≫ The Lion King ライオン・キング

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン5 ライオン・キング 実写版 光沢プリント

ライオン・キング

あらすじ

アフリカの広大なサバンナで、動物たちの王であるライオンのムファサの子として生まれたシンバ。いつか父のような偉大な王になることを夢見ながら成長していくシンバだったが、ある日、思いもよらなかった悲劇に見舞われる。王位を狙うライオンのスカーによって王国を追放されてしまったシンバだったが、未知の世界での新たな出会いや冒険を通じ、王としての使命を学んでいく。

アフリカの雄大な自然を背景にライオンの王子シンバの成長と冒険を描いたディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」を、「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督が、動物のキャラクターたちをすべてCGで生み出して新たに映画化した。

 予告動画


「ライオン・キング」日本版本予告

シンバの声を、グラミー賞を受賞したラッパーとしても活躍するドナルド・グローバーが担当し、ジンバの幼なじみナラ役をビヨンセが務めた。

ネタバレ感想

超実写版を謳うフルCGで話題の『ライオン・キング』リメイク版。ジャングル・ブックの実写版がかなり良かったので予告を見た時から絶対に観ようと決めていました。

導入のサークル・オブ・ライフがはちゃめちゃにカッコよくて、やり過ぎ感さえあるタイトルの出し方も痺れます。

ストーリーは言わずもがなのライオン・キングなのでそこに関してどうこうは省きましょう。

とにかくCGですね。これが物凄い。毛並みの細部までこだわり抜いている感じが半端ないのです。

CGでしかあり得ないような演出などがアニメのまま再現されているのは圧巻ですが、ファンタジー要素が少なからずあるアニメを完コピするなら実写の意味は果たしてあるのか…と考え始めたあたりでムファサがシンバとナラを助けに来た時の迫力が実写ならではのものだな、と思わせられます。

最終的に真の王を巡ってシンバとスカーが対峙するシーンがあるのですが、この辺はどちらも『ライオン』であり、暗めの映像も相まってどっちがどっちだ…と混乱したりもしました。

 

全体を通して、ただただ映像美と音楽を楽しむ作品です。『Circle of Life』や『Can You Feel the Love Tonight』のシーンは鳥肌モノですが、あらすじを把握しているだけに、アニメのコミカルさが抜ける分単調に感じ途中途中眠くなる場面もあったりと、今後ライオンキングを見るとしてアニメと実写どちらを選ぶかと聞かれればやはりアニメ版なのかなと感じました。

成長したシンバの声がやたらと高いのが気になりましたが、実際に元アニメもあれくらいでしたっけ?

評価(平均点高めの設定です。)

 4.0 /5 点!

 

概要

監督:ジョン・ファブロー

時間:1時間59分

配給:ディズニー

公開日:2019年8月9日

 

プライバシーポリシー