何かとサバイバル。

洋画と海外ドラマ B級グルメがすき。

劇場鑑賞≫≫Ford v. Ferrari フォードvsフェラーリ

映画チラシ フォードvsフェラーリ

フォードvsフェラーリ

あらすじ

ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社から依頼を受けた、元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは、常勝チームのフェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていた。シェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらもマイルズをチームに引き入れる。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは力を合わせて数々の困難を乗り越えていくが……。

 予告動画


映画『フォードvsフェラーリ』予告編

マット・デイモンクリスチャン・ベールが初共演でダブル主演を務め、1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマ。シェルビーをデイモン、マイルズをベールがそれぞれ演じる。監督は「LOGAN ローガン」「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」のジェームズ・マンゴールド

ネタバレ感想

レーシングカーを題材にした企業同士のぶつかり合いの実話を描いているとなれば見に行くしかありません。

かなりCMを打っている印象で、たっぷり金をかけた自信作なんだろうなとは期待していましたが、期待以上の良作でした。

二社の決裂から、ル・マン24時間レースで打倒フェラーリのためだけに開発される事となったフォード・GTを取り巻くお話です。

元レーサーであり自動車デザイナー兼販売をするキャロル・シェルビーと、GT開発者でありドライビングテクニックも抜群ながら少々性格に難ありのケン・マイルズが現場で幾多の困難を乗り越えながら伝説のレースに挑みます。

序盤から響き渡るエンジンの轟音と時速300キロを超えるスポーツカーの疾走感に自ずとテンションは爆上げに。

死と隣り合わせという他に勝るもののないリスクがあるからこそのスリルと爽快感は相当なものでしょう。

とにかく鳥肌の連続で、息つく暇もないようなアクション性と、絶対王者フェラーリを倒すために精鋭達が集うシナリオ、上層部からの圧力という障害など、どこをとっても見逃せません。

 

主役サイドがストップウォッチを盗んだり相手方ピットに部品を落として混乱させたりとフェアプレイとは程遠い姑息な妨害をするのには笑えましたが、ようやくチームプレイのため約束された単独の勝ちを諦め会社のためにフォード社3台が同時にゴールインする構図を実現させたケンも、最終的には『真の敵は内にあり』状態で惜しくも勝利を盗まれて試合は終わります。

 

熱き男達の戦い、手に汗握る白熱の耐久レースを二回分しっかり織り込んでいて見応えは抜群。

唯一ル・マンを制した米国車として歴史に名を残した伝説のレーシング・カーGT40の舞台裏はまさに映画のようなドラマチックさがありました。

 

ケンの息子でピーター役のノア・ジュプは順調にキャリアを伸ばし、なおかついい感じに成長しております。

気になったキャストはやはりウォーキング・デッドのショーン役でお馴染み、小粋なリー役を演じたジョン・バーンサルと、プリティリトルライアーズでエズラ役をしていたイアン・ハーディングがフォード社のちょい役で出演していましたね。

完全な主演というよりダブル主演的感覚だったのが意外でしたが、それでもマット・デイモンにハズレなしです。

評価(平均点高めの設定です。)

 4.6  /5 点!

車好きにはもちろん、特別な知識がなくとも圧巻のド迫力に興奮する事間違いなし!

概要

監督:ジェームズ・マンゴールド

時間:2時間33分

配給:ディズニー

公開日:2020年1月10日

プライバシーポリシー