何かとサバイバル。

洋画と海外ドラマ B級グルメがすき。

劇場鑑賞≫≫Belfast ベルファスト

映画チラシ『ベルファスト』5枚セット+おまけ最新映画チラシ3枚 

ベルファスト

あらすじ

ベルファストで生まれ育った9歳の少年バディは、家族と友達に囲まれ、映画や音楽を楽しみ、充実した毎日を過ごしていた。笑顔と愛に包まれた日常はバディにとって完璧な世界だった。しかし、1969年8月15日、プロテスタント武装集団がカトリック住民への攻撃を始め、穏やかだったバディの世界は突如として悪夢へと変わってしまう。住民すべてが顔なじみで、ひとつの家族のようだったベルファストは、この日を境に分断され、暴力と隣り合わせの日々の中で、バディと家族たちも故郷を離れるか否かの決断を迫られる。

予告動画


www.youtube.com

ケネス・ブラナーが、自身の幼少期の体験を投影して描いた自伝的作品。ブラナーの出身地である北アイルランドベルファストを舞台に、激動の時代に翻弄されるベルファストの様子や、困難の中で大人になっていく少年の成長などを、力強いモノクロの映像でつづった。

アカデミー賞の前哨戦として名高い第46回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞。第94回アカデミー賞でも作品賞、監督賞ほか計7部門にノミネートされた。

ネタバレ感想

予告を見た感じで全編モノクロだと思ったら冒頭から明るい雰囲気に満ちた鮮やかな色彩の映像で思わずスクリーンを間違えたかと困惑させられます。

いやぁ、でもあの看板からモノクロ映像に切り替わってこれから回想に入るぞ、という分かりやすさでグッと引き込まれました。

コール・ザ・ミッドワイフを長らく見ているからか、馴染みを感じる住宅風景です。

ベルファストで自由な毎日を謳歌していた少年〈バディ〉がある日突然暴徒化したプロテスタント系の集団からの襲撃を受けて地域一帯がパニックに陥るという衝撃的な冒頭から始まります。

こういう歴史モノを見るといつも感じるのが『結局人間が一番恐ろしい』という陳腐ながら素直な感情。そして宗教はここまで人の目を眩ますのか…と別次元のようで不思議な感覚になる日本人は少なくないのでしょうね。

 

テーマからして暗く始終シリアスムードになるかと覚悟していましたが、意外にも明るい雰囲気で説教臭い感じが全くなく、逆にそのポップさが力強く地域や家族の絆に満ちたベルファストを物語っているようでした。

音楽も良かったし、祖父の弔いパーティーで愛を唄い踊る息子夫婦というのは新しいロマンチックさでかなり印象的。

チキバンバンチキチキバンバン♪のネイティブ発音にも楽しくなれました(笑)

評価(平均点高めの設定です。)

4.4 /5 点!

この歴史的な分断で犠牲になって命を落とした人も数多いような暗い問題をテーマとしているにも関わらず、見終わった後に感じる爽やかさが非常に気持ちの良い作品でした。

概要

監督:ケネス・ブラナー

時間:1時間38分

配給:パルコ

公開日:2022年3月25日  

プライバシーポリシー