何かとサバイバル。

洋画と海外ドラマ B級グルメがすき。

海外ドラマ≫≫GORTIMER GIBBON'S LIFE ON NORMAL STREET ゴーティマー・ギボン ~ふしぎな日常~ シーズン2パート2 9話ネタバレ感想

f:id:axxi:20200222173433j:plain

エピソード9『ゴーティマーとホワイトハット』“Gortimer vs. White Hat”

あらすじ

重大な知らせを受けて悩むゴーティマーは、大好きなテレビ番組の世界へ逃避する。1960年代の安っぽいスーパーヒーロー・ドラマ「ホワイトハット」だ。そこに異次元瞬間移転装置が出てきて、ゴーティマーの逃避は新たな段階へと引き上げられる。

ネタバレ感想

母親に大きな仕事が決まった事で、4ヶ月後には別の街に引っ越すと聞かされたゴーティマーは、ノーマル町から引っ越したくないと動揺します。

どうにもならない事態だと分かっているからこそ落ち込み投げやりになったゴーティマーは、自分自身が受け入れきれていない現実を親友二人に話せるはずもなく、大好きなB級ヒーロードラマ『ホワイトハット』の世界に逃避するあまり、ドラマの中の人物達とテレビを通してリンクしてしまいました。

更にはドラマに出てくる『異次元瞬間移転装置』が完成した事で、ゴーティマーは主人公の相棒として勧誘されテレビの中に入り込んでしまうのです。

うたた寝から目覚めたメルとレンジャーは、テレビの中でホワイトハットの世界に居るゴーティマーに驚きハラハラしながら見守るしかできませんが、ドラマの展開を知っていて有利なゴーティマーは絶好調の大活躍。

途中、朝からどこか様子がおかしいと気付いていたメルとレンジャーが何を隠しているのか相談しろと語りかけてもゴーティマーはそれを隠し、ホワイトハットにだけ引越しの事実を伝えるのですが、悪を退治するだけの変わり映えのない世界に実はウンザリしていたらしいホワイトハットの口車に乗せられて、ゴーティマーはドラマの世界のシティヴィルを任せられ、ホワイトハットが現実世界に出てきてしまいます。

悪の組織を野放しにしておけばドラマの世界が混乱に陥るから、とゴーティマーは30分で悪役退治する事を約束し、これまた不安なホワイトハットの暴走はメルとレンジャーが食い止める事に。

ホワイトハットとして活動してみて、自分が知っている予定調和のエピソードから外れ危険を目の当たりにした時に怖気付きながらも、何が起こるか分からない人生もいいものだと教訓を得たゴーティマーは、ようやく現実世界に飛び込みました。

そして待っていてくれた親友二人に引越しの事実を打ち明けるのでした。

悲しいムードで幕を下ろすかと思いきや、落ち込みながらもゴーティマーのために“人生最高の4ヶ月にしよう”というプランを練ったレンジャーとメルに胸が熱くなります。

 

人生は物語だ、その大部分は難解でもない

今日も明日も大体は同じだ

でも時には何かが起こってまったく新しい方向に進む

それは怖くもある

でも友達が言った  “だから人生は面白い”

相棒が1人か2人いれば冒険はさらに面白くなる

Amazonプライム・ビデオで視聴できます。

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Prime Original 作品が見放題。30日間のトライアル期間でお試しも可能。

▼次回、エピソード10

海外ドラマ≫≫MR. ROBOT ミスター・ロボット シーズン1 8話ネタバレ感想

MR.ROBOT/ミスター・ロボット DVD-BOX

エピソード8『ホワイトローズ』”eps1.7_wh1ter0se.m4v”

あらすじ

作戦再開に向け動き出したエリオット。5ヶ所に増えたスティール・マウンテンに狙いを定め、自ら温めていた作戦で勝負に出る。しかしそんな折、オールセーフがハッキング被害に遭うと、エリオットの前にダーク・アーミーのボス、ホワイトローズが現れる。一方、タイレルは警察にスコットの妻シャロンの殺害を疑われていると知り逃げるが、自宅への訪問を受け窮地に陥る。

ネタバレ感想

絶望的になった作戦を諦める事なく、4週間かけて毎日監視していたエリオットは、新システムへ移行した裏付けを取り新たに計画を進めるため再結集したf・ソサエティと動き始めました。

ダーク・アーミーへの接触後、中華系のヤバい男達につけられていると感じたダーリーンは自分達に降りかかる身の危険をエリオットにも報告し、f・ソサエティのルールに反してまでも自分の電話番号を教えます。それを目敏くチェックし「ダーリーンの番号を消せ」と迫ったミスター・ロボットがもうなんか一番の害悪に見えてきて仕方ない。

極限のストレスに侵されながらも出社したタイレルは、情緒の不安定さを見せていましたがいざ秘書が屋上で遺体が見つかり警察が来ている事を告げると「死体?誰の?」と迫真のすっとぼけを見せてくれました。

そして「悲劇だが仕事は待ってくれない、アポを取ってくれれば会うと伝えるんだ」と事情聴取をやんわり拒否。

その頃オールセーフでは、アンジェラがバラまいたウィルスでサーバーがダウンしとんでもない大事になっていました。

エリオットも出社して状況を確かめると、完全に乗っ取られてはいるものの、狙いは情報じゃなく何かから気をそらすための時間稼ぎなのだろうと痕跡から推測します。

マルウェアの分析を続けるエリオットに近づいてきたのは、「壊れたハードディスクを修理屋に持って行け」と無理矢理仕事を振るオリーです。

不自然な要求と怯えた表情からオリーが何かを隠していると読んだエリオットはすぐさまメールボックスに侵入し、何故だかアンジェラがハッキングに関わっている事に気付いてしまいました。

すぐにアンジェラに会いに行き、情報を盗まれ脅されている事や、会社でもCDを開けと要求され仕方なくやったのだと事情を聞きます。

アンジェラの話を聞いたエリオットいわく「やっぱり時間稼ぎだ、すべては俺と会うため」との結論に至りました。

それにしてもアンジェラの危機感のなさと自己中心さが爆発しております。とんでもない事をしでかし「相談しろよ」と言われれば「そばに居なかった!壁を作ってる!」と喚き散らし最終的に「前が恋しい」と浸り始めました。

オリーに指定された場所では『ファラデーケージ』という電磁波を遮断する特殊仕様故に無線もWi-Fiも使えずハッキングしようがない部屋に通されようやくダーク・アーミーのホワイトローズとご対面です。

めちゃくちゃオカマです。時間に追われるオカマは予想以上に事態を掌握しており、オールセーフもギデオンの動向も全てが彼の手の中といった感じですね。只者ではない。

f・ソサエティがハッキングに使用したサーバーがハニーポットに変えられている事を教え、50時間23分以内に解決すれば打倒悪魔コープ作戦に手を貸すと伝え足早に去って行きました。

ハニーポットの削除依頼に必要な認証番号がすぐにでも必要になったエリオットは、ギデオンの携帯を奪うためダーリーンの協力を得てf・ソサエティの会議室にあるモニターをハックし、その間に大量のメールを送りつけて電池を消耗させておき充電中で置き去りにされた携帯から認証番号を盗み見ます。

認証番号は90秒ごとに変わっていくらしく、その番号が有効なうちにログインせねばすぐに水の泡で慌てて自分のデスクに戻り作業を始めるわけですが、社員全員が突然の事態に会議室に集まってる中一人パソコンをいじっているのはどう見ても怪し過ぎでギデオンからも厳しく追及される事に。もうダメかと思ったところに悪魔コープからの電話が入り中断となりましたがこの状態ではオールセーフには長く居られないんじゃないでしょうか。

 

ミスター・ロボットとタイレルは顔見知りだったらしく、ミスター・ロボットの弱みを握っているらしいタイレルですが、現状ではタイレルの方がよほど追い詰められている様子です。

ミスター・ロボットから何を聞き、彼が何を考えているのかまで知りませんが、タイレルは「目的は一緒」だと思っているらしいのも気になります。

夜中には自宅に刑事が押し掛けてきて、何も知らなかった妻も、殺人事件の被害者がノウルズ夫人だったと聞き一瞬で事態を把握しながらも怪しまれぬよう演技で刑事を家に上げ、キッチンへとお茶を入れにいくフリをして小さく悲鳴をあげました。

破水しており「今にも産まれそうだ」と病院へ行くため事情聴取をうやむやにさせるわけですが、傍には血のついたフォークが…!どこら辺を刺したのか知りませんが赤ん坊は大丈夫なのかとかやっぱり一番ヤベェやつじゃねーかとか色々と衝撃です。

 

ハニーポットの削除依頼が受付され、無事にホワイトローズからの指定時間内で任務を完了させられたエリオットは、ダーリーンに会いこれから起きる革命への喜びを二人で分かち合います。

やたらと良い雰囲気になり「私が知ってる中で最高の男だよ、大好き」と言われればいくらエリオットでも思わずキスしちゃいますわ、そりゃ。

その瞬間「ちょっと何すんのよ!!信じらんない!」と激怒される事になり同情しかありませんが…ここから面白くなってきますよ!

「まさかまた忘れたの?私のこと」と苦い表情で問うダーリーン。何のことかだか意味不明なエリオットが困惑しながらも「何だよ、忘れてなんかいないダーリーンだ」と返せば泣き出してしまったダーリーン。

そしてはたと気付いたエリオット。

「妹だ…俺の妹だ」と。まじか。

「また」と言っているところからしてよくお忘れになるようですが、自問自答している通り「1人の人間を丸ごと忘れていた」なんて事が起こるのはかなり異常です。

何もかも信じられなくなったエリオットは、〈エリオット・オルダーソン〉、つまり自分自身をハックしようとするも何もヒットせず、いよいよゴースト的存在になってきます。

ここでいつもの削除済みデータをコピーしてファイリングしたディスクの中から見つけたのは、一枚だけ何の注意書きもされていない真っ白なCD。

読み込んだCDから発掘されたのは大量の写真。そこにはミスター・ロボットの姿とその息子であろう少年が写る家族写真が何枚も入っていたのです。

あぁ…なるほど。父親だったわけですか。これに関してはミスター・ロボットが怪し過ぎて色んな可能性を考えていたのですんなり納得です。それよりダーリーンが妹と言う事実の方が予想外過ぎて驚きを禁じ得ません。

ただ、エリオットが妹の事まで忘れるような欠陥があると発覚した事で、ミスター・ロボット=父親という事実に矛盾が生まれないのだと考えると上手くできた話だなぁ〜とただただ感心してしまいました。

MR.ROBOT/ミスター・ロボット シーズン1

Amazonプライム・ビデオでも視聴できます。

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Prime Original 作品が見放題。30日間のトライアル期間でお試しも可能。

MR.ROBOT/ミスター・ロボット シーズン1

▼次回、エピソード9

プライバシーポリシー