何かとサバイバル。

洋画と海外ドラマ B級グルメがすき。

海外ドラマ≫≫ダウントン・アビー シーズン3 1話ネタバレ感想

ダウントン・アビー シーズン3 バリューパック [DVD]

第1話 「挙式前夜」

[あらすじ]

メアリーとマシューの結婚式の準備に追われる1920年春、ロバートは弁護士から屋敷の存続を左右する衝撃的な知らせを受ける。挙式すら不可能かもしれないと動揺するロバートだったが、時期を同じくしてマシューの元に思いがけない通知が。一方、バイオレットは式に列席するため到着したコーラの母マーサと歯に衣着せぬ舌戦を繰り広げる。階下ではオブライエンが甥を新しい下僕に推薦するが…。

 

[ネタバレ感想]

オブライエンが甥っ子を下僕に推薦し、新たにルフレッドという長身の若者が下僕として参戦です。オブライエンはシーズン1の魔女みたいなおばさんからだいぶ変わって来ました。主にコーラに対する忠誠心が石鹸事件以降物凄く強くなっているのと、甥っ子の登場で面倒見のいい意外な一面が見られます。

メアリーとマシューの間に流れる空気がまったりと穏やかで幸せそうで結婚式も楽しみですが、ここに来てロバートの投資が大失敗し、屋敷はひっそりと財政難に陥ってしまいました。

 

シビルと共に帰省したブランソンと周りの複雑な関係性も見どころです。元運転手の使用人が客人として訪れようと以前仕えていた人間との格差や引け目は拭えず、以前は仲間だった使用人達からも受け入れて貰えず厳しい立場ですが、こればかりは多少時間がかかる事は仕方ないかと。身分の違いを越えて一緒になる事を決めた二人ですし多少はね。

イーディスのお相手ストラランはなかなか心が広くて余裕がある感じがどこからどう見てもおじさん、というハンデを跳ね返しております。この二人なんだかんだお似合いです。

 

さすが長女の結婚式だけあって階下で用意される料理も豪華で色とりどりな美しさが素晴らしい。メアリーのウエディングドレス姿良かったです。いつもは頑固で気が強いものの、マシューの前では乙女の顔になるメアリー。無事に結婚式を迎えられ幸せそうでしたね。おめでたい。

▼次回、エピソード2 おやアメリカ人も臓物料理を食べたのね

海外ドラマ≫≫ダウントン・アビー シーズン3

ダウントン・アビー シーズン3 バリューパック [DVD]

ダウントン・アビー シーズン3> DOWNTON ABBEY Season3

 

1920年、春。グランサム伯爵一家は、メアリーとマシューの結婚式の準備に追われていた。そんな中、ロバートは弁護士から衝撃的な知らせを受け、家族には黙ってロンドンへ出向く。屋敷の存続の危機に直面したロバートは、挙式すら不可能かもしれないとひとり動揺する。その頃、マシューのもとに思いがけない通知が舞い込む。亡くなったかつての婚約者ラビニアに関わるもので、マシューは挙式を前にして複雑な思いに駆られるのだった。

シビルとトムが旅費の援助を受けて久々に屋敷に戻ってくる一方で、イーディスは再会したストラランと急接近する。使用人たちもまた、結婚式の準備で人手が足りずにぴりぴりしていた。カーソンは多忙を極める中で新人を教育することに難色を示すが、オブライエンはコーラに頼んで甥のアルフレッドを新しい下僕として雇ってもらうことに成功する。

メイドのアンナは、故意の殺人で有罪となり収監されている夫ベイツのもとへ面会に通い、なんとかして冤罪を証明しようと気丈に振る舞う。

やがて、結婚式に列席するためにコーラの母マーサがアメリカから到着し、バイオレットと丁々発止の舌戦を展開するが…。

 

シーズン3相関図

f:id:axxi:20181013005905j:plain

引用元:ダウントン・アビーオフィシャルサイト

 

2012年 イギリス 

海外ドラマ≫≫ダウントン・アビー シーズン2 9話ネタバレ感想

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [DVD]

第9話 「聖夜の贈り物」(最終話)

[あらすじ]

クリスマスを迎えたダウントン・アビー。階上も階下も和やかに過ごす一方で、ヴェラの陰謀によってベイツは刑務所に。ロバートやヒューズは証人として裁判に出廷する。一方、メアリーに対するリチャードの横暴な態度が目に余るようになり、マシューもロバートも彼らの結婚に強い疑念を抱き始める。メアリーが家の名誉を守るために結婚しようとしていると悟ったロバートは…。

 

[ネタバレ感想]

クリスマスを迎えたダウントン・アビーもベイツの裁判を控えて少しどんよりムード。

 

トーマスはカーソンに恩を売った事が功を奏しあれ以降また下僕として仕えることになったようですね。やはり軍服よりも制服姿が似合います。

しかしそこはトーマス、昇格まで希望しているようです。 ベイツが刑務所に拘留されている今、従者の代役を務めているのはカーソンですが、もしこのままベイツの無罪が立証されなければすぐにでも従者のポジションを狙って暗躍することでしょう。ロバートは頑なにトーマスを信用しておらず、信用を得るために大切なものを隠して返すとか恩を売ればいいとオブライエンの一言と階下に紛れ込んだ一匹の犬を見てピンときます。これがまた嫌な予感しかしない。

ロバートの愛犬アイシスを連れ出し森の中の小屋に閉じ込めるトーマス。無茶しやがります。一時はどうなることかと思いましたがまんまと旦那様との親密度上げに成功するところがトーマスらしく、お試し従者に格上げです。

 

やたらと使用人に対する当たりがキツく傲慢でいちいち小煩いカーライルにメアリーも嫌気がさしてきているのが目に見えて分かります。それと同時にマシューも色々とふっきれたのか、また二人の距離が徐々に近づいてきていますね。

カーライルとメアリーの小競り合いを見たマシュー、思わずメアリーに“結婚するな”と言ってしまいます。

それでもパムークの件でカーライルの助けを借りてしまったメアリーにはカーライルがそう望む限り結婚するしか道がない状態。あまりにメアリーがカーライルと居て幸せそうに見えない事を心配した伯爵夫妻、ついにコーラはロバートにパムーク事件の顛末を明かします。

メアリーと話し合うロバートがかなり男前な決断をしたのでテンション上がりました。もう屋敷は醜聞だらけなんだからカーライルとの結婚もやめちまえ、とアメリカ行きを勧めました。娘可愛さというのが大半なのでしょうが、この器のでかさはなかなか尊敬に値します。

ついにはメアリーはマシューにもパムーク事件を打ち明けることに。この事に対してメアリーを軽蔑する訳ではないものの、ラビニアの事で自分達は幸せになる資格はないと頑なだったマシューにイザベルが“今は亡き優しいあの子を言い訳に使わないで”と叱咤します。いいぞ、年の功。

メアリーに別れ話をされたカーライルが捨て台詞のつもりで言った“もう二度と会う事はない”に対して“約束する?”と念押しする婆さんも最高です。

舞踏会後、突然ポジティブが爆発したマシューはメアリーを引き止め、プロポーズします。ちゃんと跪いて頼めというメアリーも、僕の許しなんて必要ないだろと笑うマシューもお互いがそれぞれらしくてとても良いシーンでした。やたらと女々しくなってしまったり別々の相手を選んだりと遠回りしてきた二人でしたがこのラストはガッツポーズものです。

 

ベイツの裁判ではなんと有罪判決が下り絞首刑に処されることに。そして“殺人者の妻”が居ればいつまでも噂されるとアンナも屋敷のメイドを辞めることを決意してしまいます。どうにかならないものか…。

終身刑減刑されたものの無罪を勝ち取るまでは長い道のりですね。

 

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [ ヒュー・ボネヴィル ]

ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館 シーズン1・2公式

▼次回、S3エピソード1 性悪な双子の妹とすり替わった? 

axxi.hatenablog.com

海外ドラマ≫≫ダウントン・アビー シーズン2 8話ネタバレ感想

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [DVD]

第8話 「突然の悲劇」

[あらすじ]

マシューとラビニアの結婚式の準備に追われる中、シビルは自分の決断を家族に打ち明ける。ロバートは激怒するが、コーラは覇気をなくしていた。そんな矢先、カーソンが病に倒れ、階上も階下も続々と病人が発生。流行していたスペイン風邪が屋敷内で蔓延したのだ。一方、シビルの決断に触発されたアンナは、ベイツをより近くでサポートするために、ある決意をする。

 

[ネタバレ感想]

シビルとブランソンの結婚宣言よりトーマスの立場の危うさが気になります。闇市なんてぴったりでずる賢く一儲けしそうなタイプだと思っていましたが有金叩いてゴミを仕入れてしまったトーマスはなんとかダウントンに残れるよう必死です。さんざん軍曹だのもう使用人じゃないだの主張してきた事が仇となりそっくりそのまま返されることに。ざまぁ、とも思いますがやはりトーマスには傍若無人でなおかつ他人を見下しに見下していて欲しいものです。

 

屋敷内パンデミックが巻き起こり続々と人々が倒れている中、蓄音機を使い中々の音量で音楽を聴きふけるマシュー。式3日前にしてマリッジブルーなのでしょうか。そして自分に未練があるだろうメアリーをダンスに誘い踊りながらぼそぼそ色々言ってついにはキスまでしでかします。マシュー、お前もか。

ロバートとジェーンはさっそく盛り上がっています。このジェーンという女、なかなか妖艶で恐ろしいタイプの女性です。しかしシビルとブランソンに対してあれだけ激怒してブランソンに出て行けと命じた男が同じ使用人であるメイドに手を出しているという矛盾ですよ。結果的にジェーンは息子のためにと手切れ金を受け取り辞職しますが“お別れのキス”を求めるあたりが天然なのか計算なのか分かりづらく好きにも嫌いにもなりきれない女性でした。

 

マシューとメアリーのやり取りを全て見ていたラビニアは身を引くことを決意したようです。未来の伯爵夫人となる責任の重さや自分とメアリーの生まれ持った身分の格差など、マシューを愛していても埋められない穴がある、と。これは建前ではなく本音だと思いました。もっとストレートに“愛しているから幸せになって欲しい”とかそういう愛故に自分の気持ちを押し殺すのみかと思いましたが、ラビニアにもそもそもこの結婚に対し不安を感じる部分が少なからずあったんですね。ラビニアとマシュー然り、シビルとブランソン然り、相手を愛していようと越えられない壁があったりバランスが噛み合わないとか些細にも思える事が「貴族社会」があった時代にはより大きな試練になっていた事でしょう。

ただ、ラビニアがマシューを諦めたところでじゃあマシューとメアリーは結ばれるのかと言われれば、カーライルがそう簡単にメアリーを手放すとは思えないんですよ。

しかし軽症と思われていたラビニアの容態は急変し、自分の分まで幸せになると約束してと言い遺しこの世を後にしました。これでまたマシューも切り替えがききづらくなってしまった事でしょう。結婚式から一転、葬式の準備でお通夜モードです。塞ぎ込んでしまうまでは分かるんですが、ラビニアの死は“心が敗れたため”で“僕らが死なせた”はさすがに言い過ぎだと思います。“僕らはもう幸せになれない”とか“僕らは呪われた人生を歩むしかないんだ”とか勝手に《僕ら》にするのやめろ。自分を責めるのは勝手ですがなんか色々と巻き込んでおいて“僕らの終わりを認めよう”と。マシューはなかなか乙女チックで暴走がちです。

 

おめでたい展開に目を向けると、アンナとベイツはようやく夫婦となり、メアリーの計らいで新婚初夜をダウントン・アビーの一室で迎えました。

それに加えてシビルとブランソンの結婚をロバートが認め、しぶしぶながら快く送り出し和解できたようです。

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [ ヒュー・ボネヴィル ]

ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館 シーズン1・2公式

▼次回、エピソード9 ベイツさんは喜んでチキンを温めるよ 独房で死を待つよりかはね

axxi.hatenablog.com

海外ドラマ≫≫ダウントン・アビー シーズン2 7話ネタバレ感想

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [DVD]

第7話 「奇跡」

[あらすじ]

待ちに待った終戦を迎え、屋敷で療養していた兵士達も去って行った。そんな中、マシューは密かに脚に感覚を取り戻しているのを感じていた。階下では、戦後の食糧不足で食材の調達に苦労しているパットモアを見たトーマスが、闇市の取引に手を染める。一方、戦争中看護師として充実した時間を経験したシビルは、終戦で元の空虚な生活に戻るのに抵抗を覚え、一大決心をする。

 

[ネタバレ感想]

トーマスなんだかふっくらしましたね。シュッとしていてヴァンパイア的なスマートさが若干なくなったように感じます。当たり前のように使用人食堂でいつもお茶してましたがやっぱり古巣は落ち着くとかそういうやつだったんでしょうか。

 

カーライルはアンナを買収してメアリーのスパイを頼むほど焦っているようですね。とことん強かで嫌な男です。早く婚約破棄してくれないものか。

 

微妙なフラグは感じていましたが、ロバートがメイドジェーンに唐突なキス!まだ“おや…?あるのか?ないのか?”程度の匂わせから突然の決定打です。やたらと気にかけてはいましたが何がそんなにロバートの心を捉えたのでしょう。

 

マシューは奇跡的に脚の感覚が戻ってきて立つ事ができるまでに回復しました。夕食の席でマシューが皆の前で“僕が最も苦しい時期にラビニアは力になってくれました 結婚は諦めていましたが諦めない彼女が結局は正しかった 結婚します”と高らかに宣言します。この男は本当にメアリーの気持ちに気付いていないのかと。平静を装おうとするメアリーと、娘の本当の気持ちに気が付いていてなおラビニアを呼び戻したもののやはり傷付けば心配になるコーラ、メアリーを特別気にかけるカーソン、それぞれの隠れた本音がもどかしい。下半身不随だろうと愛してると筋を通したラビニアに対してはもはや幸せになって頂きたいのですが、そうするとメアリーを応援したい気持ちに折り合いがつかず、ここに来て“式はダウントンで挙げたい”とかなんとか駄目押しでお花畑なマシューのデリカシーのなさに八つ当たりするしかありません。

マシューの朗報の影響でシビルもついにブランソンとの駆け落ちにGOサインを出しました。

 

エセルは赤ん坊を連れて乗り込んできましたが、屑の将校の父親もまた屑で金目当てだのなんだのと酷い言われようでさすがに少し同情してしまいます。うーん…自業自得と言ってしまえばそれまでなんですが、なんだかやるせないですね。

そんなやるせなさの余韻もつかの間、バイオレットがマシューの部屋を訪ね“メアリーはあなたを愛している”って…何言ってんだババァー!!!ふぁっ!?マシューの下半身不随が治ったと思ってどえらい勝手な動きに出てきました。いいぞババァもっとやれ。

こんなの知ったらメアリー激怒でしょうしさすがのマシューもドン引きしてます。しかしながらマシューはもっとキッパリそりゃないぜって感じになるのかと思いきや案外満更でもなさそうなのが笑えます。考えるらしいですよ。ほほぅ。

 

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [ ヒュー・ボネヴィル ]

ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館 シーズン1・2公式

▼次回、エピソード8 あんたが?天と地が引っくり返るよ

axxi.hatenablog.com

海外ドラマ≫≫ダウントン・アビー シーズン2 6話ネタバレ感想

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [DVD]

第6話 「謎の負傷兵」

[あらすじ]

マシューを献身的に介護するメアリーに苛立ちを隠せないリチャードは、ダウントン近くの豪邸をメアリーとの新居に購入し、カーソンを執事として招こうと提案。リチャードを快く思っていないカーソンだが、メアリーには特別な愛情を注いでいるだけに悩む。そんな矢先、クローリー家の親戚を名乗る負傷兵がカナダから療養にやって来る。しかし、彼はクローリー家の将来を左右する存在だった…。

 

[ネタバレ感想]

屋敷に自称親戚の負傷兵が療養にやって来ます。ひどい火傷を負っていてやたらとイーディスに対して自分との繋がりをアピールしておりますがストーカー気質なんでしょうか。若干怖さすら感じます。ここまで自分からグイグイ来るということは何らかの遠縁の親族というのは本当なんでしょうけど。回りくどいことしてないでさっさと自己紹介しろと言いたい。

“気付いてくれるのを待ってた”というなんとなく女々しさを感じるこの男、パトリックでした。え!パトリックってあのタイタニックと共に沈んだと言われていたあのパトリックですか?これはまさに衝撃展開。

マシューが子孫残せなくなったと思いきや、元々の後継者だったパトリックがカムバックです。確かこのパトリック、メアリーの婚約者でイーディスがちょっと惚れてた男ですよね。

タイタニック号に乗っていて救助されたものの記憶を失っていたそうです。なにその少女漫画展開。爆撃の衝撃でまた記憶を取り戻したそうな。

衝撃の人物の再来でクローリー家が荒ぶります。メアリーが絶対偽物と決め込みなかなか辛辣だな、と感じましたが、本来の相続人パトリックの出現でマシューは伯爵の権限を失ってダウントンを追われる身となるということで、マシューのためにも偽物であれと願っているんですね。愛です。結婚してしまえ。

しかしマシューとメアリーが目に見えていい仲な事を良く思わないカーライルはコーラと共謀してラビニアを引っ張ってきます。ラビニアもまたマシューを一途に想っていて応援したくもなりますがメアリーはどうなるんだ。カーライルは完全にモラハラ気質の嫌な成金ですし…。

そんなカーライル、金に物を言わせてダウントン近くの豪邸をメアリーとの新居のために買い取り、カーソンを引き抜こうと計画しているようです。メアリーがこの状況でマシューを残しダウントンを去るなんて考えづらいですがどうなんでしょう。この二人本当に結婚してしまうのでしょうか。メアリーお嬢様溺愛のカーソンは、カーライルにあまり良い印象がなさそうですが。というかロバートに相談なく執事貰います、みたいなのはいいんですかね。と、思ったら案の定“他人の使用人を盗むなんて無作法だ”とご立腹でした。

イザベルはコーラとバイオレットの思惑通り、ダウントンを施設として運営する責任者を離れお互いウィンウィンで終戦を迎えられることとなりました。権力のある家柄には終戦だとか政治的に大きな動きがある場合も事前に連絡が入るんですね。

 

パトリックはイーディス以外の誰からも信じてもらえず遂にダウントン・アビーを出て行ってしまいました。

色々と煩わせてくれたベイツの前妻ヴェラが遺体で発見されるという怒涛の展開です。かなりしぶとい泥ネズミみたいな女だったので念願の亡妻化してくれて安堵すると同時に、諸々の状況証拠的にベイツ疑われフラグバキバキです。トーマスのピコーン顔と同じ表情で見てしまいました。

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [ ヒュー・ボネヴィル ]

ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館 シーズン1・2公式

▼次回、エピソード7 豚の耳で絹の財布を作るようなものさ

axxi.hatenablog.com

海外ドラマ≫≫ダウントン・アビー シーズン2 5話ネタバレ感想

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [DVD]

第5話 「運命とともに」

[あらすじ]

前線で重傷を負ったマシューとウィリアムが帰還。マシューの損傷の深刻さにショックを受けたメアリーだが、婚約者リチャードが嫉妬するほど献身的に看護する。回復が見込めないと悟ったウィリアムは、デイジーに今すぐ結婚しようとプロポーズ。一方、一家のスキャンダルを新聞に売るとベイツを脅迫するヴェラの策略に手を打つため、ついにメアリーがリチャードに全てを打ち明けるが…。

 

[ネタバレ感想]

前線で勇ましく戦っていたマシュー達でしたが重傷を負い、村の病院へと搬送されてきます。

かなり深刻な状態のマシューを甲斐甲斐しく看護するメアリーの健気さがいよいよヤバいです。動揺を隠し毅然とした態度を保ちながら恋敵と言ってもいいラビニア嬢にも親切で見ていて辛くなります。自分の辛さよりも相手の辛さを慮れる高貴な女性ですね。

脊椎の損傷によって歩けないだけでなく性的にも不能になってしまったマシューは断腸の思いでラビニアに別れを切り出しました。いや、もう誰もかれも不幸。辛い!

マシューを庇った爆破の衝撃から肺に致命傷を負い回復は難しいと知ったウィリアムはデイジーにプロポーズします。死んでしまう人に嘘はつけないと、気持ちに応えられないデイジーも追い詰められていきこちらもこちらで見ていて辛い。戦死者の妻なら寡婦年金を貰えるから何か残せるなら嬉しいと話しながらデイジーに愛されていると信じて疑わないウィリアム。能天気というかおめでたいというか、そんな性質も死に際まで貫かれたら泣きたくなります。ウィリアムがこんなに早く死んでしまうなんてまさかでした。悲しいなぁ。デイジーの心境を考えると複雑ですが、最後に彼の一番の願いとも言えるデイジーとの式を挙げれた事はたった一つの救いでした。

 

エセルはいつの間にかボロボロの小屋でシングルマザーになり子育てしていましたが、お相手の将校は頑なに彼女達に会おうとせず責任逃れを続けています。最低か。

全体を通して暗すぎるエピソードでした。

ダウントン・アビー シーズン2 バリューパック [ ヒュー・ボネヴィル ]

ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館 シーズン1・2公式

▼次回、エピソード6 何を今更

axxi.hatenablog.com