何かとサバイバル。

洋画と海外ドラマ B級グルメがすき。

劇場鑑賞≫≫Ad Astra アド・アストラ

映画ポスター アド・アストラ Ad Astra ブラッド・ピット/インテリア アート おしゃれ フレーム別/ADV-B-両面

アド・アストラ

あらすじ

地球外生命体の探求に人生をささげ、宇宙で活躍する父の姿を見て育ったロイは、自身も宇宙で働く仕事を選ぶ。しかし、その父は地球外生命体の探索に旅立ってから16年後、地球から46億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となってしまう。時が流れ、エリート宇宙飛行士として活躍するロイに、軍上層部から「君の父親は生きている」という驚くべき事実がもたらされる。さらに、尊敬する父が太陽系を滅ぼしかねねない「リマ計画」にかかわっているという。危険な実験を抱えたまま姿を消した父を捜すため、ロイも宇宙へと旅立つが……。

予告動画


ブラッド・ピット主演!映画『アド・アストラ』予告編

ブラッド・ピットが宇宙飛行士に扮し、トミー・リー・ジョーンズと父子役で共演した主演作。広大な宇宙を舞台に、太陽系の彼方に消えた父の謎を追う姿を描く。ピット、ジョーンズのほかリブ・タイラー、ルース・ネッガ、ドナルド・サザーランドが共演。監督は「エヴァの告白」のジェームズ・グレイ

ネタバレ感想

なんとなく、あくまでも『なんとなく』思っていた感じとは違ったなぁという印象を受けました。

とにかくブラピ最高な本作はブラッドピッド演じる主人公ロイの独白が多めで始まります。

父親を捜しにうんたら〜くらいの前情報しかなかったので、なるほどそういう事かと。

公開後、「アドアストラ、微妙」とか「眠くなる」とかの感想が多いようですが、個人的には眠くなるようなタイミングは無かったように感じました。

ただ、架空の月や火星でのSF心をくすぐる様な生活に言及したりだとかアクションシーンがドンパチあるだとかそう言った事は一切無く、実に淡々と物語が展開していくので合わない人には面白味がなく映るというのも分からなくはありません。

任務で死んだと思っていた父親が実は存命で太陽系に重篤な影響を与えるような計画を実行するいわばテロリスト扱いとなっていて息子であるロイが派遣されるわけですが、偉大な父親の背中を追う反面父親に捨てられたという意識も根深く上手く人間関係が作れず上辺を取り繕うだけのロイという人間の繊細な心境の移り変わりもよく描かれていると思います。

ある意味で欠陥があるからこそ常に冷静沈着、軍人として優秀な人材でもあるロイがこの父親絡みの極秘任務を遂行していくうちにどんどん父寄りに影響していく節があります。

命令に逆らい突然出発間近の宇宙船に乗り込むなんてそれこそテロ行為と見なされてもしょうがないような振る舞いも繰り出し、結果クルー達は意図せずも全滅してしまいますしおいおいどうした…という状況から当初の目的を遂行するとの名目の下旅立っていくあたりなんかは中々共感できない部分です。

30年ぶりに再会を果たした親子は感動的というより緊張感を含む共依存の愛情を指標と切り替えたかのような不安定さが。

結局父親は宇宙の孤独に魅入られ「地球外生命体を探し出す」という自分に課せた任務への執着心を顕にし、わざわざ地球からやって来た息子を道連れに仕掛けてまで意地を貫いたりと若干何やっとんねん、親父〜くらいには思えてしまいます。

結局厄介な電磁波『サージ』を搭載されていた核爆弾で吹き飛ばし任務を完了し爆風に乗って地球へ還るというぶっ飛んだ計画を成功させるという豪運の持ち主ロイは父との再会を経て周囲の人々を愛そうという気持ちを身につけ終わるのですが、結果的に地球が救われたもののほとんど宇宙船ジャックのような行為をしでかして制裁を受けないものかとか余計な事も考えてしまいました。

余計ついでに、我々が地球人と呼ばれるなら、同じ人間でも火星で生まれ育った彼女は『火星人』という事か…なんて考えたりも。

 

途中突然の猿の惑星が始まるのかと内心笑ってしまいましたが、攻撃的で怒りに満ちた実験動物の逆襲だったり、国境のない月でも資源争いに明け暮れる内戦地帯があったりと人間が介入する事による負の影響はどこにいこうと付き纏うのだな、という恐ろしさとゲンナリ感もよく分かります。

大過ぎる宇宙において、人間の存在などあまりにも小事でありながらやはり人類は侵略や争いを繰り返す傲慢さを持つ事はもちろん、ロイの任務に対しての姿勢や父親の執念も含めた全ても塵のような事実でしか無い事を静かに考えさせられました。

 

一寸先は闇であり、その闇が果てしなく続く宇宙空間の不安感と、主人公の心の葛藤とが上手くリンクしておりとても静かな焦燥感に駆られます。

映像がとにかく美しく、哲学的な内容が引き立つ丁寧な作りが伝わりました。

評価(平均点高めの設定です。)

 4.3  /5 点!

淡々と展開していく一方で中弛みしない静と動のコントラストや映像美がありました。

概要

監督:ジェームズ・グレイ

時間:2時間4分

配給:20世紀フォックス映画

公開日:2019年9月20日

プライバシーポリシー