何かとサバイバル。

洋画と海外ドラマ B級グルメがすき。

海外ドラマ≫≫The Lake にわかパパと娘の夏休み シーズン1 8話ネタバレ感想

f:id:axxi:20220926212744j:image

エピソード8『ティルトパルーザ』“No White After Labor Day”

あらすじ

ビリーとジャスティンは、ビリーを迎えに旅行から早めに帰ってきたナオミとオリヴァーに湖畔というところを伝えるのに苦労する。労働者の日の週末、ビリーとジャスティンは、友人や仲違いした者たちとの問題を解決しようとする。ジャスティンとメイジーは、どちらが夢のコテージを手放すのか決定する最後の対決に挑む。

ティルトパルーザ

ティルトパルーザ

  • キャロリン・スコット
Amazon

ネタバレ感想

オパールが付けていたカーラー付きのヅラはさすがに笑ってしまいます。

 

いよいよ最終話となり、夏休み最後のイベントでボートレースや料理コンテストをすると1話から話題に上っていたティルトパルーザの日がやって来ました。

ついでにビリーの育ての両親も迎えに来ており、再会に喜ぶビリーを微笑ましくも複雑な表情で見守るジャスティンは、コテージをかけたメイジーとの決着も秒読み段階。

 

不動産業に復帰したジェインは仕事に夢中でウェインと距離を置きたいと宣言するまでに。

ノリノリのジェインを手懐けるメイジーも絶好調(笑)

妻に捨てられかけて上の空のウェインを見かねたヴィクターは、ジェインに見直して貰うためにティルト勝負でわざと負けてやる協定を結んでおりましたが、いざ勝負になると本能で動いてしまい瞬殺してしまいます。

キリアンと仲直りしたいビリーはティルト勝負を申し込むもキリアンの怒りは頑なで結果的に不戦勝でジュニア王者の座まで奪ってしまいました。

 

30分以上に及んだジャスティンとメイジーのティルト対決は意外な展開で幕を閉じます。

中々決着のつかない勝負に両者疲れ果てているところに、メイジーの介添人を務めたジェイン宛の電話が鳴り、相手はエロリーン。

ついに殺人小屋の売却相手を決めたという話ですが、その相手はジャスティンでもメイジーでもなく、なんとライリーでした。

一体どうなっているのだとジェインに詰め寄ろうとしたメイジーはバランスを崩して1人で転倒し湖に落ち、ジャスティンの勝利が決まります。

 

小屋もコテージも手に入らなくとも来年の夏はどうするかと当たり前のように次も一緒に過ごす予定を話す父娘はこの短期間で随分と距離が縮まったようです。

ウルリーカからヒヨコの世話を

せっかくティルトで勝利して権利を買い取ってもらったはずが、いつまでもメイジーと揉め続ける負の連鎖を断ち切って前に進むために金は返す事に決めたジャスティン。

しかし、この善意の信託の解除によってコテージは亡き父親の財産に戻る、つまりはメイジーの母〈ミムジーの物となってしまいます。

あのメイジーですら狼狽えるミムジーは一体どんな親なのでしょうか(笑)

共通の敵と対峙する事でようやく歪に和解したジャスティンとメイジーの物語はシーズン2に続く…のですかね?

バカバカしくて気楽に見れたシリーズなので、シーズン2までは期待していませんでしたが、既に撮影中との事で2023年の公開が楽しみです。

Amazonプライム・ビデオで視聴できます。

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Prime Original 作品が見放題。30日間のトライアル期間でお試しも可能。

▼次回、シーズン2、エピソード1

プライバシーポリシー